Windows 7の2023年までの延長サポート、あらゆる企業が購入可能に Microsoftが方針転換

Windows 7のサポートは2020年1月14日に終了し、それ以降もセキュリティパッチの提供を受けるには、Microsoftとボリュームライセンス契約を結んだ企業のみが延長サポートを有償で購入できる、というのが、これまでのMicrosoftの方針だったものが、この方針を転換。

ボリュームライセンス契約を結んでいるかどうかにかかわらず、あらゆる企業がWindows 7の延長サポートを購入できるようにすると発表しましたようです。

今回の発表で新たにWindows 7 ProfessionalとWindows 7 EnterpriseのESUが、マイクロソフトのクラウドソリューションパートナー経由で12月1日から購入可能になるようです。

”Windows 7 ESUはデバイスごとに販売され、1年ごとに料金が値上がりしていく予定”だそうです。

お値段がおいくら位になるのか・・・12月1日に再度確認してみましょう!